TOEIC 第237回 感想・難易度と結果速報の巻(2019年1月13日)

やってきました。新年一発目のTOEIC L&R試験。

 

っていうか、もう2019年か・・・

2018年もあっという間に終わってしまったなあ、、

 

って言っている間に、元号ももうすぐ変わるし、

あと何回かで、「平成最後のTOEIC」

なんてことになるのか。

 

まあ、英語なんだから、西暦で考えとけ、

って話か。

 

・・・っとそんな第237回ですが、

会場は、また、ベルサール新宿。

 

これで都合3回目か。

 

自分は交通も便利で、また、音響もここは

天井のスピーカーから出て、

ラジカセでないのでこの会場は好き。

 

大学でなく、貸会議室系だから、

机とイス一体型じゃないし。

 

一体型ってイスと机の間の距離調整

できないからキライ。

 

・・・ところが。

いままでの2回は(たまたま)大きな会議室で

天井のスピーカーから音が出てくる形だったのですが、

 

今回、小さな部屋に当たり、

机の上にスピーカー1個、という最近大学系の

会場でも良くある形。

 

ちょっと音が小さかった気もしたが

(自分の耳が悪かったのか?)、

まあ、ラジカセよりはマシで、

 

特に無茶苦茶聴き取りにくいという

ことはなかったです。

 

しかし、今日も、欠席多かったなあ、、

 

50人くらいはいる部屋で、1/3くらい席

空いていたような・・・

 

まあ、まだ正月明けで色々あるんですかね。

申し込んでみたものの。

 

インフルとかも流行ってるし、

体調的なものもあるしね。

 

まあ、そんなこんなで、

さっそく、今日体感した難易度とかもろもろ感想を。

 

Part1。

 

Looking into 引き出しで、店員がwait onして、

おじいさんがボートから降りてきて、

 

女性二人が隣り合って、一人がノートPC膝の上で、

(これの答えってなんだっけ?忘れた・・・

one of the women is なんたからかんたら・・・系

だったような記憶があるけど、違ったかなあ、、まあいいや。

難しかったり間違った記憶はないので。)

 

会議室で人がいっぱいいて

(これも答え忘れたなあ、、

プロジェクターがどうたらが不正解は覚えているけど・・・)

ランドリーマシンが並んでいる、

 

そんなPart1のフォームでした。

 

感想。

 

・・・簡単。

 

最近Part1ホント簡単。

無くなるだろ、これ。

そのうち。

 

しかし、一方、Part2!

これ、今回、難しく感じた・・・

 

自分のコンディション的なものも要因

のような気もするけど、

 

・・・というのは、なんか、集中できないまま

Part2過ぎてっちゃった・・・って感じで。

 

なんか、全体的に、ぼーっと聞いちゃったなあ問題を。

 

まあこういう日もあるわ、って感じか・・・。

 

捻りもいい感じで効いていたと思う。

スライダーは良く曲がってましたよ。

 

1問目から結構捻ったの来たし。

 

でも、そういう、ひねり系は、

自分は別に難しいと思わないんだけど、

 

「例の豪人」。

来ましたね。

 

問題をちゃんと聴き取れない(+集中力も今一状態)

のが2-3問あって回答を迷った。

 

1問は完全に見失っていたし。

 

もごもご何言っているのか判らないのって、

しかし、反則技じゃねーか、と思ったり。

 

もう全うには難しくできないので、

問題そのもの、後、解答の選択肢そのものを

聴き取りにくくすることで、

間違えさせよう、という。

 

・・・まあ、消去法でなんとかなっているとは

思うのですが、

今回、久々に、リスニング495点から落ちるかも。

 

Part3、4は一方で易しかった感。

普通より易しかった。

 

意図もグラフィックも3人も

別に特筆すべきことなし。

 

Part5は普通かなあ、、

結構ちゃんと文意を読み取らないと

正解を選択できない語彙系の問題が

あった、というのが印象に残ってます。

(具体的な内容は忘れた。)

 

で、今回、Part6で、ちょっと時間使ってしまったなあ、、

 

Part6終わったの、10分過ぎてた。

最近ではかなり遅いペース。

 

文挿入が迷ったし、

文章の内容を掴むのも結構難しい感じ

の問題で、

 

それを読み解かないと、問題も解けないから

全体的にPart6は迷って、時間を使ったなあ、、今回。

 

通常より5分くらい遅いペース。

 

なので、Part7は巻いていったつもりなのですが、

 

結局、終わったのは、ぎりぎりに近い。

1分くらいしか余ってなかったんじゃないかな、、

 

15時ギリギリですよ。終わったの。

久々。こんな感じ。

 

Part6と違って、文章自体は理解が難しい・・・

って感じではなかったと思いますが、

 

一方で、選択肢が結構難しかった感。

 

正解の根拠を探すのに時間を食った。

 

あと、自分としてあるのは、

前回236回の結果から、

今回、かなり慎重に選択肢を選びに行った、

というのはあって。

 

前回236回は、結局、985点だったのですけど、

まあ、良くある通り、リスニングは495点で、

リーディングで490点。

 

結構、前回、リーディングは難しくなかった

感触だったので、今回は、990かな・・・

と思ってたのですが、

 

アビメ見ると、Part7でなんかやられてるぽかった。

 

だから、自信持って正解、だと自分で思っていても

なんか勘違いとか早とちりとか

やらかしてることもあるかもしれないので、

 

今回、リーディングで選択肢を選ぶときは

「ちょと慎重に行こう。」

と思っていたのもあって、

従来より、ペースが落ちたのだろうな、、と。

 

自分は、(っていうかリーディングはこの解き方

しかないと思いますが)

 

まず文章を全部読んで、

次に問題見て選択肢見て解答を選んでいく形。

 

いわゆる「読後感」的なもので、

正解だとほぼ思っても、

念のため、確実性を高めるために、

もう一度文章に帰って正解の根拠を確実に

探しに行く、とかね・・・。

 

・・・とまあ、そんなこんなで、

今回、結構体感的には、

「結構難しかった・・・」TOEIC L&R試験となりました。

 

1年最後ので、ご褒美的に易しくしといて、

1年最初ので、発破かける的にちょっと難しい、

なんとなく、そんなイメージを感じるなあ、、

 

まあ、いつの年になろうが、

英語力上達(=TOEIC高得点)の方法は

変わらないですけどね。

 

2月はTOEIC休みで、次回238回は、3月ですね。

 

またちょっと間が空くから、

感覚落とさないようにしないとですね。

 

ということで引き続きがんばっていきましょう。

 

99%の人が知らない、本当の英語力がつき

TOEICスコアがあっという間にあがる究極の方法